2017年09月09日更新
推理小説 アニメ 漫画

腐女子にも大人気。長編ミステリー小説「百鬼夜行シリーズ」

京極夏彦が手がける京極堂シリーズとも言われているこの作品。ミステリー小説としても高い完成度を誇りますが、キャラクターがとても魅力的且つ個性的なので腐女子の方々にも根強い人気があります。アニメ化、漫画化もしてますので物は試しと読んでみてはどうですか?

114
0

百鬼夜行シリーズ

第二次世界大戦の戦中・戦後の日本を舞台とした推理小説で、民俗的世界観をミステリーの中に構築している点を特徴とする。

作中に実体として登場はしないが、個々の作品のタイトルには必ず妖怪の名が冠せられており、
その妖怪に関連して起こる様々な奇怪な事件を「京極堂」こと中禅寺秋彦が「憑き物落とし」として解決する様を描く。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

現在9作でており、2006年発売の「邪魅の雫」以来最終巻であろう第十弾「鵼の碑」について現在も発表がない

第一弾 姑獲鳥の夏

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第二弾 魍魎の匣

登場人物

中禅寺秋彦(ちゅうぜんじ あきひこ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者