本格ミステリの嚆矢。御手洗シリーズについての紹介。

日本のミステリーで一番面白いのはなんだ問われるとよくあがる御手洗シリーズ。作者がBLにも理解があることもあって腐女子にもとても人気があります。

89
0

御手洗シリーズ

横浜の馬車道に住む風変わりな占星術師探偵御手洗潔と、その相棒にして唯一の友人である石岡和己。
二人の元に持ち込まれた風変わりで奇妙な事件を、御手洗の頭脳が鮮やかに解き明かしていく。

引用元:dic.pixiv.net(引用元へはこちらから)

探偵役 御手洗 潔(みたらい きよし)

最初は占星術を生業としていたが、ある事件で石岡和己と出会い同居に至る。

非常に癖の強い人物で、彼と初めて会った人間は彼のことを「変人」「気違い」と看做す。

ルックスもかなりよい。加えて、性別に関係せずその人の持つ実力や人柄で判断するという、
男女両権論者かつ、真にフェミニストといえる人物であるためか、御手洗ものは女性人気が非常に高い。

無類の犬好き。結婚するなら犬の方がいい、と言うほど。
京都大学に籍を置いていたころは、死体の解剖は嬉嬉として行っていたが、
動物の解剖は本当に大嫌いで、それが嫌で大学をやめたらしい。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワトソン役 石岡 和己(いしおか かずみ)

御手洗の変人ぶりにあきれながらも共同生活を行う親友。

美大出身でもともと本業はイラストレーターだったが御手洗が解決した事件を本にして出版するようになり、御手洗シリーズのほとんどは石岡の視点で描かれている。

変人・奇人の御手洗とは対称的に、一般的な日本人といえる人物。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者