2018年06月23日更新
NO.6 BL アニメ

BLアニメ「NO.6」理想都市に住む少年・紫苑と謎の少年・ネズミとの切ないふたりの物語!

『NO.6』は、あさのあつこによる日本の近未来SF、ディストピア小説。講談社「YA!ENTERTAINMENT」から刊行され、全9巻で、2011年6月に最終巻が発売されている。2011年1月にテレビアニメ化が発表され、同年7月から9月まで放送された。

572
0

「NO.6」

出典:www.fanpop.com/clubs/no6/images/23878821/title/shion...
NO.6

理想都市、聖都市とも呼ばれ、医療・教育などが発達している。NO.6内の環境は常に管理され、森林公園に生息する動植物は全て把握されている。NO.6の境界には壁が建てられ、完全に外部と隔離するようになっている。また、NO.6の外側は東西南北四つのブロックに分かれている。

北ブロックには広葉樹林の森と山が広がり、完全保護地域に指定されており、南ブロックと東ブロックにはNO.6の住人に必要な食料の大半をまかなう農耕地と牧草地がある。西ブロックについては下記参照。 このNO.6をはじめとする理想都市は、世界に六つ点在するようだが、詳細は不明である。

あらすじ

2013年。理想都市『NO.6』に住む少年・紫苑は、9月7日が12回目の誕生日であった。だが、その日は同時に彼の運命を変える日でもあった。『矯正施設』から抜け出してきた謎の少年・ネズミと出会い、負傷していた彼を介抱した紫苑だが、それが治安局に露見し、NO.6の高級住宅街『クロノス』から準市民の居住地『ロストタウン』へと追いやられてしまう。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
4年後、紫苑は奇怪な事件の犯人として連行されるところをネズミに救われ、彼と再会を果たす。NO.6を逃れ、様々な人々と出会う中で紫苑は、理想都市の裏側にある現実、『NO.6』の隠された本質とその秘密を知っていく…。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

登場人物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

紫苑(シオン)

出典:es.no6.wikia.com/wiki/Shion
本作の主人公。16歳。誕生日は2001年9月7日。身長170センチメートル。体重54キログラム。血液型AB型。市民番号Qw-55142。

紫がかった黒い瞳を持つ。白髪や痣で怖がられることもあるが、よく見ると美しい顔立ち。

性格は、好奇心旺盛であり、自称人付き合いが苦手な神経質。ネズミにはお人よしで甘ちゃんと称される。周りの者から言わせれば「天然」らしい。また、恋愛にはかなり鈍感もしくは興味がないようで、10年以上も傍にいた幼馴染みの沙布のことを「友達として大切な人」としか思っていなかった。
2歳の時、NO.6の市の幼児検診で知能面で最高ランクと認定され、高級住宅街「クロノス」に住むことを許可される。そして、10歳までの間に一般教養と基礎知識を習得。その後は適性にあった専門分野に進み、12歳になり特別コースに入学が決定していた。専攻は生態学(医学)。しかし、突如現れたネズミと名乗るVC(凶悪犯罪を犯した者)の少年を匿い、逃がしたために特別待遇の全てを剥奪されてしまう。その4年後、とある理由からネズミと共に西ブロックへ逃走する。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ネズミ

出典:fujoceeee.jp
本名不詳。16歳(アニメ第1話でネズミのVCとしての手配書が紫苑のブレスレットに届いた時点で12歳、また、1巻で「若いな」「同い年だろう」という会話から、紫苑と同い年)。身長178センチメートル。体重63キログラム。血液型O型。VC-103221。

澄んだ灰色の瞳を持つ。また、美しい歌声と美貌をあわせ持ち、西ブロックで数少ない娯楽施設である劇場の舞台にも立つ。舞台に立つ時には「イヴ」という名を用いている。体力と頭脳に優れ、危険を察する野生の勘も良く、西ブロックでうまく生き抜いてきた。戦闘ではナイフを用いた接近戦が得意。いつも超繊維布を身につけている。
NO.6に対しては、幼いころにNO.6によって家族や仲間を殺されたことが原因で、深い憎悪と復讐心を持っている。背中には、そのとき負ったケロイドが残っている。12歳になった時に、深手を負った状態で紫苑の家に転がり込んだ。「森の民」という部族の出身で、一族唯一の生き残りである。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

テレビアニメ・スタッフ

原作 - あさのあつこ(YA!ENTERTAINMENT/講談社)
監督 - 長崎健司
シリーズ構成 - 水上清資
キャラクター原案・コンセプトデザイン - toi8
キャラクターデザイン・総作画監督 - 石野聡
色彩設計 - 菊地和子
美術デザイン - 金平和茂
美術監督 - 川本亜夕
編集 - 定松剛
音楽 - 鈴木慶一
音響監督 - 三間雅文
チーフプロデューサー - 山本幸治
プロデューサー - 米内則智、黒須礼央、松下卓也、竹枝義典
アニメーション制作 - ボンズ
制作 - 「NO.6」製作委員会(アニプレックス、講談社、フジテレビジョン、電通、ボンズ)
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

主題歌

オープニングテーマ「Spell」
作詞・作曲・歌 - LAMA
エンディングテーマ「六等星の夜」
作詞 - aimerrhythm / 作曲・編曲 - 飛内将大 / 歌 - Aimer
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
出展:Youtube

ENGLISH "Spell" No. 6 OP 【Annie, Glace, Hori】

Oh my god, it was such a rush to get this up, but finally, here it is! Annie, Hori, and I worked really hard on this, and La'Sha went into god mode to mix it quickly as ...

出展:Youtube

Aimer 『六等星の夜』

http://www.aimer-web.jp/ Aimer「六等星の夜」LIVE映像 from ライブ"Bitter & Sweet +" Aimer 1st album「Sleepless Nights」now on sale Aimer cover album「Bitter ...

挿入歌
「風のレクイエム」
作詞 - あさのあつこ / 作曲 - 鈴木慶一 / 歌 - 大地真央(第5・8・10話)、安野希世乃(第11話)
「ブナの森で」(第9話)
作詞 - あさのあつこ / 作曲 - 鈴木慶一 / 歌 - 細谷佳正
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
出展:Youtube

KAZE NO REQUIEM 「風のレクイエム」 Nezumi (español)

Traducción de Kaze no Requiem o Elyurias al español y letra en japonés (kanjis) cantada por Nezumi (Yoshimasa Hosoya) ^w^ Espero que os guste :3.

出展:Youtube

細谷佳正-ブナの森で

超好看啊! 11集完結的未來都市No.6,可惜似乎沒有要拍第二季的打算。 細谷佳正的聲音真的很棒呢,超喜歡聽他唱歌的。

レビュー

賛否両論あると思いますが、私は好きです。ホモに抵抗がある人は厳しいかもしれませんが、主人公「紫苑」が逃亡者である「ネズミ」を助けたことで始まるストーリー!NO.6という都市を追い出された紫苑が、ネズミとその他仲間とどう生きていくか、どう変わっていくかが見所だと思います。
引用元:akiba-souken.com(引用元へはこちらから)

動画|NO.6

出展:Youtube

no.6 : Pure Shion Become A Yandere

I do not own anything from this clip. All right reserved to the respective owner. Thank you. Anime : No.6.

出展:Youtube

【No.6】 Nezumi X Shion -kiss scenes dance scene- .

【No.6】 Nezumi X Shion -kiss scenes dance scene- . Subscribe & More Videos: https://goo.gl/BtH0f1 Thank for watching, Please Like Share And SUBSCRIBE!

出展:Youtube

No.6 : Shion's Death

I do not own anything from this clip. All right reserved to the respective owner. Thank you. Anime : No.6.

出展:Youtube

【NO.6】紫苑とネズミまとめ【1】

全国の紫苑とネズミ好きさんにささげます! 1~4話 まとめその1.

出展:Youtube

No.6|| Shion and Nezumi first meet

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者