2018年06月11日更新
BL 実写化 ボーイズラブ

実写版BL作品 ドラマ・映画 2次元とは違った良さがあるかも???

BLの中でも特に敬遠されがち(?)な実写版。そんな実写版BL作品 ドラマ・映画をまとめてみました。3次元のボーイズラブにも2次元にはない良さがある???

1440
0

◆実写版のBL作品

実写版のBL作品っていうと愛好家の人の間でも抵抗があったりとか、絶対に見ないとかいう人も多数いるみたいですが、、、結構何本か実写化されているんですね!
おっさんずラブの流れでちょっとはそういう傾向も薄れるのかも???

◆スキトモ

ミュージカル「テニスの王子様」に出演した斉藤工と相葉弘樹のダブル主演による青春ドラマ。大学3年生の智和は、後輩で幼馴染みのヨシキと、血の繋がらない妹・みさおのふたりから淡い恋心を寄せられていた。やがて智和はふたりの想いに気付いて…。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆花は咲くか

広告代理店に勤める37歳のサラリーマン・桜井和明(天野浩成)は、CM撮影で赴いた古く美しい日本家屋で一心に花の絵を描く19歳の美大生・水川蓉一(渡邉剣)と出逢う。この家の持ち主でもある蓉一は、他人に興味がなく親しい友人すらいなかった。同居している従兄弟の竹生(水石亜飛夢)や菖太(小原唯和)を心配させていたが、屈託なく話しかけてくる桜井にだけは心を開くようになる。二人の気持ちは次第に絡み合ってゆくが、桜井は蓉一との年齢差や同性同士という現実を前に、二人の関係を先に進ませることが出来ないでいた。まるで自分を避けているかのような桜井の行動に動揺し、苛立ちを感じる蓉一。さらに、蓉一に好意を寄せる美大のクラスメイト・藤本(塩野瑛久)も現れる。そんな中、桜井に大阪転勤の辞令が。桜井と蓉一に決断の時が迫る。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

◆体育館ベイビー

『同級生』のキャスト、スタッフで贈る禁断のラブストーリー。夏のインターハイ予選で村井に敗北した競泳部のエース・潤の下へ、村井がコーチを頼みにやって来る。共に練習するうち、ふたりの間には特別な感情が芽生え…。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

◆宇田川町で待っててよ。

出展:Youtube

映画『宇田川町で待っててよ。』予告編

「onBLUE」に掲載され、男子高校生とそのクラスメートの女装男子とのボーイズラブを描いた秀良子によるコミックを実写映画化。渋谷での出会い...

高校生の百瀬(黒羽麻璃央)が人通りの多い渋谷で、“タイプの女の子”と凝視したのは、クラスメイトの八代(横田龍儀)の女装姿だった。見てはいけないものを見てしまった後悔と妙に魅かれるこの感情で、百瀬は学校でも八代のことを一途に考えてしまう。一方八代は、そんな百瀬の様子に戸惑いつつも、百瀬から渡された女子高の制服に袖を通し、彼の前に立つ。臆病ながらも自己顕示のある女装男子と、思春期の無常な欲望を背負った男子高校生の不器用で青いラブストーリー!
引用元:filmarks.com(引用元へはこちらから)

◆ひだまりが聴こえる

中学生の時に難聴を患ったため教室でも何かと誤解を受けて周囲とうまくなじめないまま大学生になった杉原航平は、いつしか人と距離を置くようになっていた。大学の裏庭で出会った佐川太一は、バカみたいに明るい性格で思ったことを何でも口にする同級生だった。いつしか太一との距離が近づくようになるが、それでも学校での陰口や嫌がらせで卑屈になる航平に対し太一から「聴こえないのはお前のせいじゃないだろ!」と言われ、航平はその言葉に心の底から救われるのだった。太一との出会いが航平を変えていくのだが、近づけば近づくほど二人の距離に期待と不安が募る航平がいるようになって・・・
引用元:filmarks.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者