2017年09月06日更新
声優 BL 美形

涼やかな低音の声質の美形キャラを多く演じているBL声優「置鮎龍太郎」

意外と気づかれていないことだが、名前の読みは「りゅうたろう」ではなく「りょうたろう」である。坂本竜馬に因んで「りょうたろう」とのことらしい。

1469
0

BL声優「置鮎龍太郎」

出典:news.goo.ne.jp
置鮎 龍太郎(おきあゆ りょうたろう、1969年11月17日 )
日本の男性声優、ナレーターである。青二プロダクション所属。血液型はO型。

父親は置鮎が生まれる前に映画会社に勤めていた時期があり、昔の同僚からアニメのポスターやセル画をもらってくることがあった。その環境から1つ年上の姉とともにアニメが好きで、劇場用アニメのレコード・ドラマなどをよく一緒に聞いたという。

姉は、アニメに関わっていた時期もあるほど絵の分野で長けていたが、置鮎は絵を描くことよりキャラクターの声真似で遊ぶことに楽しさを見出し、「台詞をしゃべることがおもしろいことだ」と感じるようになる。

経歴

声優としての初めての仕事は予備校のラジオCM、および花の万博会場を徘徊するリモコンロボの声だとしている。アニメでの初仕事は『ドラゴンクエスト』のリリパット役。『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のフランツ・ハイネル役で初レギュラー。初主演はOVA『ダークキャット』である。テレビアニメでは『地獄先生ぬ〜べ〜』の鵺野鳴介役が初主役となる。ぬ〜べ〜は当時の置鮎の「集大成の役」であり「目いっぱい自分を出せた役」、「自分と年齢が近くでは自然に演じられた」と語っており、終わると聞いたときは泣いてしまったという。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

置鮎龍太郎 BL作品

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グッドモーニング

出典:www.chil-chil.net
【あらすじ】

ある朝、林は裸で男と寝ていた。 しかも、相手は取引先の担当で“ホモ”と噂の篠原だ。 酔っ払って記憶のない林は、篠原に関係を持ったと聞かされて激しく動揺する。 しかし、それは篠原のついた嘘だった。 いつも冷静でどこか妖しい雰囲気を持つ篠原が、赤くなったり泣いたり怒ったり忙しい。 林は普段とは違う篠原が妙に可愛く思えてしまって…!?

レビュー

キャストで思わずCOLDシリーズを思い出しましたが。やはり相性の良いナイスコンビなのか、とてもしっくりしていて、違和感なしの気持ちよさです。  聴きながら思わずニマニマしてしまうストーリーです。  ただ、置鮎さんがせっかくでていらしゃるのに出番が少なくてそれが少し淋しかったです。
引用元:www.chil-chil.net(引用元へはこちらから)
表題作の「グッドモーニング」」の攻め、林さんは羽田野さんが、篠原さんが野島(兄)さんが演じています。 林さんのちょっとひどいと感じた部分やその後後悔して篠原さんに謝るところが羽田野さんの声に合っていました。 野島(兄)さんはこーいうクールビューティーで健気なキャラ、似合いますね。今回も良かったです。 篠原さんの先生、斎藤先生の声は置鮎龍太郎さんが演じていて、紳士の方のような声でした。
引用元:www.chil-chil.net(引用元へはこちらから)

終わりなき夜の果て 清澗寺家シリーズ(6)

出典:www.chil-chil.net
【あらすじ】

清澗寺家の次男・和貴は、深沢直巳を父・冬貴の養子にすることで手元に置きながらも、いまだ恋情に溺れ切れずにいた。 そんななか、深沢の義弟が現れたことをきっかけに、和貴は「深沢は自分の側にいては幸せになれない」と考え、愛するが故に彼を手放してしまう――。

一方、全てを捨て、上海で逃亡生活を送る清澗寺家の長男・国貴は、恋人・遼一郎の視力の衰えに不安を募らせていた。 そんな時、偶然、弟・道貴に出会ってしまい!? 

レビュー

心中未遂シーン。 私はこのCDで一番泣きました。 BLCDでこんな衝撃を受けたのは初めてです。 深沢の和貴への「壊したい」という気持ちが 和貴を殺し、自分も死んでしまおうという結論への一つの要因になったのだと思います。 愛する人を壊すのもまた愛なのだと。 「殺したい」のではないんです、「一緒に死にたい」のです。
引用元:www.chil-chil.net(引用元へはこちらから)

この罪深き夜に 清澗寺家シリーズ(1)

出典:www.chil-chil.net
【あらすじ】

時は大正。没落しつつある旧家・清澗寺家の長男・国貴は、幼馴染みで使用人の息子である遼一郎と十六年ぶりに再会する。国貴は窮屈な暮らしの中の安らぎを遼一郎に求め、彼に惹かれていく。しかし、遼一郎には命に関わる重大な秘密があった。それを知った国貴は、自らの躰を差し出して彼を救おうとするが……。

レビュー

今更ですが、3年ほど前に罪の褥も濡れる夜を聴いていたので、最近になって全シリーズ聴きたいなと思いたって聴きました。一応、父、長男、次男、三男の全てのカップルを聴いてみたのですが、この2人が1番好きです!原作は未読なので、どんなストーリーかと楽しみにしてたんですけど、本当に萌えを、悶えをありがとうという感じでした!
引用元:www.chil-chil.net(引用元へはこちらから)
非常に面白かったです。 いろんな意味で、心臓がどきどきしてしまいました。 没落しつつある華族階級にいる男と、台頭してきたプロレタリア運動に身を捧げようとした男。 前者が受け(千葉進歩さん)で、後者が攻め(置鮎さん)。 後の世の私たちが分かっているのは、「どちらもその後の日本では衰退した」ことで、それゆえに受け攻め両者の思いが儚いような悲しいような、そんな感情が胸に沸き起こってしまいました。
引用元:www.chil-chil.net(引用元へはこちらから)

置鮎龍太郎さんに関する動画

出展:Youtube

乙女ゲーム <ボイスメドレー> 置鮎龍太郎 編

'16.12.21 <概要>に追記アリ ◇ 【重要】なお知らせがあります。お手数ですが当チャンネル(kuruKURU70104000)の概要をご覧ください。 置鮎龍太...

出展:Youtube

【Yaoi BLCD】置鮎龍太郎 攻め

出展:Youtube

ゲスト置鮎龍太郎、DGSヘビーリスナーだったw 神谷浩史 小野大輔+置鮎龍太郎 神回トーク

神谷浩史さんと小野大輔さんが大好きなファンです!声優の神谷浩史さんと小野大輔さんの魅力を皆様にお伝えする為にこのチャンネルを作りま...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者