2017年09月08日更新
ボーイズラブ 漫画 フィクション

ボーイズラブ漫画「SEX PISTOLS」男同士で妊娠・出産が可能な斑類の恋愛BL漫画

月刊誌「MAGAZINE BE×BOY」2003年1月号より連載開始。その後はリブレ出版株式会社から出版される「MAGAZINE BE×BOY」に掲載されている。

1917
1

ボーイズラブ漫画「SEX PISTOLS」

男嫌いの斑目米国に恋する、委員長こと藤原シロ。何気ない米国の言葉に傷つきながらも、偽りの友達として過ごしていた。一方そんな委員長の首筋に熱烈なキスマークを見つけた米国は、委員長の夢を見始めて!? 動物の魂を持って生まれてくる「斑類」たちの、恋と繁殖のサイエンス・ラブ・フィクション!
引用元:akiba-souken.com(引用元へはこちらから)

あらすじ

円谷ノリ夫はごく普通の高校生活を送る16歳の少年だったが、原付事故をきっかけに周囲の人間が動物に見えるようになってしまう。また、事故以降男女問わず「猛烈に愛される存在」になってしまい困惑する中、同校の斑目国政(まだらめ くにまさ)の出現により、人間には実は2種類の種族「人類(=猿人)」と「斑類」に分かれているという事実を知らされる。ノリ夫の目に見えている動物達は猿人の本来の姿(猿)と斑類の本来の姿(猿以外の動物)だったのである。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
ノリ夫のような「先祖返り」は猿人・斑類双方の特長を持ち合わせるため、通常の猿人・斑類に対して多大なセックスアピール(フェロモンに近い)を発し、なおかつ出産率が非常に高い「超プレミア種」であり、斑類がこぞって手に入れようとする逸材である。国政はノリ夫に自分の子を必ず孕ませると宣言する。子どもができにくい斑類は、独自の技術によって、男同士、女同士でも子供を作ることができるのだ。(ただし同性同士の場合、子どもはできにくく育ちにくい。)わけのわからないまま国政に振り回され、徐々に惹かれるノリ夫、国政やその家族などを交えながらストーリーは展開する。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

登場人物

円谷ノリ夫(つぶらや ノリお)

本作の主人公。帝国義塾学院高等部1年生、15歳。ごく普通の高校生として過ごしていたが、事故をきっかけに「猫又の先祖返り」としての性質が目覚める。162cm, 50kg。空手三級・英検二級所持。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者