2017年09月06日更新
BL コミック 不思議

中村春菊の「Hybrid Child」持ち主の愛情を反映して成長する不思議な人形を描いたBL作品

2003年「BE×BOY GOLD」8月号に掲載された後、2004年6月号から同年10月号まで連載された。その後、描き下ろしも収録したコミックスが2005年3月10日に発行された。

1321
0

「Hybrid Child」

出典:myanimelist.net
一生に一度の恋。あなたを愛した記憶だけが、この胸にただ一つ。それはある意味、鏡。機械でも人形でもなく、持ち主の愛情を反映して成長する人の形、それが「ハイブリッド・チャイルド」。

これは主人と「ハイブリッド・チャイルド」が紡ぐ、想いの物語。主人は「ハイブリッド・チャイルド」に何を願ったのか。「ハイブリッド・チャイルド」は主人の何を映したのか。そして「ハイブリッド・チャイルド」は、なぜ生まれたのか。生涯ただ一人だけを想い続ける一途な恋を描く、切なく愛しいお伽噺。ここに開幕。
持ち主の愛情を反映して成長する不思議な人形・ハイブリッドチャイルドを巡る、短編3作からなるオムニバス形式の純愛物語であり、マリン・エンタテインメントからドラマCDも発売されている。
引用元:akiba-souken.com(引用元へはこちらから)

登場人物

和泉小太郎(いずみ こたろう)

出典:www.deen.co.jp
和泉小太郎(いずみ こたろう)

名門・和泉家の御曹司にして16代目当主である、第1話の主人公。当主としてはまだまだ出来が悪く怠け者で、葉月に小言を言われる日々を送っている。葉月とは8歳の時からずっと一緒であり、本心では彼を大切に思っている。

声優 岡本信彦

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:matome.naver.jp
岡本 信彦(おかもと のぶひこ、1986年10月24日 )

日本の男性声優、歌手。プロ・フィット所属。『SLAM DUNK』、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』などのアニメが好きだったことや、母親が朗読のボランティアをしていたことから声優という仕事に興味を持ち、志すようになる。その後、大学受験を控えた頃にプロ・フィット声優養成所に入所(第3期生)。セブンイレブンや郵便局などでアルバイトをしながら、養成所の学費を払っていた。

来歴

BLCD『追憶のキスを君は奪う』にて声優デビュー。テレビアニメデビューは『N・H・Kにようこそ!』の男子生徒A役である。好青年タイプのキャラクターやクールな役を演じることが多いが、『紅』の九鳳院竜士のような冷酷非道な悪役、『とある魔術の禁書目録』のアクセラレータ、『僕のヒーローアカデミア』の爆豪勝己のように狂気に満ちたキャラクター、『しゅごキャラ!』のムサシや『明日のよいち!』の烏丸与一など古風なキャラクターも演じている。
2009年第3回声優アワードにて新人男優賞を受賞。同年、大学を卒業。
2011年第5回声優アワードにて助演男優賞を受賞
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

葉月(はづき)

出典:www.deen.co.jp
葉月(はづき)

小太郎と10年間一緒にいるハイブリッドチャイルド。第1話の主人公(2人目)。有能かつ冷静沈着で、小太郎を日々厳しく指導するお目付け役。動き出すのに5年、言葉を話すのに1年半かかった型版0001の旧式タイプ。拾われた当時はボロボロの状態だったため、体裁を重んじた和泉家の家人に3回も捨てられ、その度に小太郎によって拾い戻されてきた。自身がじきに動かなくなることを冷静に受け止め、自分を救おうと必死になる小太郎を諌める。

声優 平川大輔

出典:matome.naver.jp
平川 大輔(ひらかわ だいすけ、1973年6月4日 )

日本の男性声優、歌手、ナレーター。フリー。新潟県新潟市出身。親戚や友達の子供と遊んだりするのが好きで、昔は保育士になりたかったという。しかしある日突然「俺、声優になる」と思い付いた。その理由として「アニメみたいな子供向けの番組に出ることができれば、たくさんの子供たちを楽しませてあげられる。

だから、同じ“演じる”という仕事でもドラマや舞台に出るような俳優になろう、と思わなかった」と声優を志望した動機を「いま考えると」と語っている

概要

デビュー作は飛行機内上映用の『セブン・イヤーズ・イン・チベット』の男Aやチベット僧などの名もない配役。当初は吹き替えをメインに活動していたが、2004年に放送された『巌窟王』にてメインキャラの1人であるフランツ・デピネーを演じてからはアニメへの出演も増え、以降は吹き替えからアニメまで幅広く活躍している。

演じる役柄は大人の男性役を中心に、少年から青年まで様々。吹き替えでは、オーランド・ブルームを『ロード・オブ・ザ・リング』以来ほぼ専属で担当している。他にはトム・ヒドルストンやチャン・グンソクの吹き替えも多く担当している。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者