2017年09月11日更新
ベニス 美少年 作品

ベニスの美少年への思いを募らせた作曲家の苦悩を描いた作品「ベニスに死す」

イタリア映画界の巨匠ルキノ・ヴィスコンティが、美少年への思いを募らせた作曲家の苦悩を格調高く描いた文芸ドラマ。作曲家グスタフ・マーラーをモデルに描かれたトーマス・マンの原作を基に映画化したBL作品。

119
1

「ベニスに死す」

マーラーの官能的な楽曲に誘われるようにして始まる導入部からして、魔力のような美しさを持った映画である。20世紀を代表する映画監督ルキノ・ビスコンティは「この作品は私の生涯の夢だった」と語っており、終生の愛読書であるトーマス・マンの原作に改編を加え、主人公の設定を文学者からマーラーを模した作曲家として映画化した。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

ストーリー

静養のためベニスを訪れた老作曲家は、ふと出会ったポーランド貴族の少年タジオに理想の美を見出す。以来、彼は浜に続く回廊をタジオを求めて彷徨うようになる。

ある日、ベニスの街中で消毒が始まる。尋ねると、疫病が流行しているのだという。白粉と口紅、白髪染めを施して若作りをし、タジオの姿を求めてベニスの町を徘徊していたあるとき、彼は力尽きて倒れ、自らも感染したことを知る。それでも彼はベニスを去らない。疲れきった体を海辺のデッキチェアに横たえ、波光がきらめく中、彼方を指差すタジオの姿を見つめながら死んでゆく。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
舞台となっているのは現在はベネチア映画祭が開かれるベニス・リド島。監督がヨーロッパ中を探して見つけた15歳の少年ビョルン・アンドルセンは、美を追究する者をとりこにするのもうなずけるほど妖しく美しい。彼の存在なくして映画は成立しなかっただろう。死に至るまで言葉ひとつ交わすことなく少年を追い続ける作曲家。決して交じり合うことなく向けられる視線の痛々しさ。絶対的な美の前に無力となる人間のもろさが見事に描かれている。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベニス・リド島

リード・ディ・ヴェネツィア (Lido di Venezia) は、イタリア北東部ヴェネツィアの南に浮かぶ細長い島である。リード島、リド島とも言う。ヴェネツィアの潟とアドリア海を隔てている。長さは約12kmあり、住民は約17000人。ヴェネツィアの島々の中では数少ない車両が通行できる島でもあり、本土からフェリーで渡ることができる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

出演

美少年タジオ役 ビョルン・アンドレセン

ビョルン・ヨーハン・アンドレセン(Björn Johan Andrésen、1955年1月26日 - )は、 スウェーデンの俳優、歌手。ストックホルム出身。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者