2017年09月07日更新
BL ファンタジー アニメ

「八犬伝—東方八犬異聞—」BLにしか見えない2人だけの世界をかもし出すファンタジーアニメ

幼馴染でお互いを大切にする信乃と荘介の姿はBLにしか見えない2人だけの世界をかもし出しており、BL好きにはたまらない作品となっています。

2863
1

「八犬伝—東方八犬異聞—」

画像を拡大

『八犬伝―東方八犬異聞―』(はっけんでん とうほうはっけんいぶん)

あべ美幸による日本の漫画作品。 現在、『エメラルド』にて連載中の少女漫画作品。八犬伝、もしくは東方八犬伝とも呼ばれる。単行本は16巻まで発売されている。

出典:prcm.jp

あらすじ

5年前、突然広まった謎の疫病が、他の村々に飛び火するのを防ぐために焼き尽くされた大塚村。その生き残りである、犬塚信乃、犬川荘介、浜路の三人は村はずれの教会で保護され、静かに暮らしていた。村の人々からはうとまれている三人だが、村の少年・健太は荘介を慕っていた。

教会裏の森で信乃を見かけたと言う健太に、荘介は森には入らないよう注意する。そんなある日のこと、村の焼失事件以来、信乃と荘介には特殊な能力が備わっており、その噂を聞きつけた帝国教会本部から、信乃と荘介のもとに召喚状が届く。一方、森で村の男達が行方不明になる事件が起きて…。 そして、教会本部の画策により、浜路が攫われる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

概要

曲亭馬琴(滝沢馬琴)の読本『南総里見八犬伝』をモチーフにしている。2005年より『いち*ラキ』(冬水社)にて連載が開始され、単行本は第13巻まで発行されている。2011年に角川書店へ移籍し、『CIEL』にて連載を再開し、2014年8月から『エメラルド』に移籍&連載中
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

登場人物

犬塚 信乃(いぬづか しの)

主人公、5年前の大塚村の生き残りであり、父親は村長の犬塚番作(いぬづか ばんさく)(声 - 丹沢晃之)。生まれつき体が病弱だったことにより、13歳まで女装させられて育った(※浜路以上の美人)。
村雨をその身に宿し、その影響で13歳の姿のまま歳をとらない。言動は少々子供っぽい。大の犬好きで、四白の手入れは常に完璧。一緒に育った幼馴染の荘介と浜路を家族として大切に思っている。幽霊とゴキブリが大の苦手。記憶が封じられている様子で、母親のことなどは覚えていない。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

犬川 荘介(いぬかわ そうすけ)

もう1人の主人公、大塚村の生き残りで、端整な青年。
村の焼失事件の折、一緒に死んだ四白と生命を分かち生きることを選んだため、四白に変身出来る。子供の頃、母親と行き倒れていたところを大塚村村長に引き取られた。その際に母親は亡くなり、それ以前の記憶を持たない。今も昔も信乃のお目付け役であり、信乃のためなら人を殺すことさえ躊躇わない。5年前の焼失事件以来、朔の日は一日眠り込む。動物に懐かれやすく、八房からにも懐かれている。信乃を誰よりも大切に思っている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者